東京片貝会の歩み

トップに戻る

資料室に戻る

年史31-へ

「創立三十周年記念 東京片貝会のあゆみ(平成元年七月)」より

大正13年10月に母校の同窓会が設立された。これに呼応して、東京では山口乕八郎、石上直治、広井三代次、渡辺左武郎らが中心となって東京支部を結成した。みなは二十歳を越えたばかりの若い人たちであった。設立は昭和3年か4年の始め頃である。
毎年お盆と正月休みに会合を開き、互いに親睦をはかっていたが、、当時の会費は五十銭とか一円くらいだった、会場は日本橋の菊屋倶楽部で、出席者は大抵二、三十名くらいであったが、多い時は七十名も参加者があった。このときの写真が今でも相崎勇次の許にある。
その後、昭和六、七年頃高桑益太郎が中心になって、東京片貝会旗を新調したりして、会の充実に努めたが、まもなく内部の意思統一が不十分のため、会の運動も次第に低調となり、活動も停止することとなってしまった。このときの会旗は、すでに損耗してしまったが、棹のみが今も残っている。
なお、会の創設に力のあった山口乕八郎は、昭和20年3月9日の東京大空襲の際に被災されて、惜しくも早逝された。
戦後軍人であった松井卯吉が復員して、東京に居住し、都内の片貝出身者を足で調べあげ、名簿を作った。これが会として最初に作られた名簿である。そして、昭和34年にはじめて第1回の総会を開き、以後はひき続き今日にいたっている。その後の活動の概要は、次頁の表の通りである。詳しくは、会報によってお知りいただきたい。
会の草創時代の事は、安達竜作、広井三代次、渡辺左武郎、相崎勇次の提供によった。記して感謝の意を表したい。(佐藤量八記)

年号

西暦

総会

新年会

会の動き

母校を励ます会

大正13年 1924     10月母校同窓会設立。   
昭和3,4年 1928     同窓会東京支部結成(山口乕八郎、石上直治、広井三代次、渡辺左武郎ら)  
昭和4年 1929     同窓会に協力し母校に校旗寄贈  
昭和6,7年 1931     東京片貝会旗を新調(高桑益太郎ら)  
昭和20年 1945     山口乕八郎、東京大空襲で早逝  
昭和34年 1959     8月名簿作成(松井卯吉調整、安達竜作印刷、頒価百円)  
昭和35年 1960 第1回 池袋温泉   会長安達竜作  
昭和36年 1961 第2回 池袋温泉      
昭和37年 1962 第3回 目黒みやこ温泉(5/13)\700 韻松亭(上野)(2/8) 松井卯吉逝去71歳  
昭和38年 1963 第4回 みやこ温泉(5/19)110名\800   「会報」創刊
有志旅行(青巒荘9/14)45名
片貝小学校創立90周年
 
昭和39年 1964 第5回 みやこ温泉(5/17)131名\1,000 升本(1/19) 有志旅行(青巒荘10/3)
4月名簿発行、会則作成
 
昭和40年 1965 第6回 みやこ温泉(5/16)106名   筆塚茸狩り(10/)
役員改選
 
昭和41年 1966 第7回 みやこ温泉(5/8)75名 升本(1/23)22名 湯河原椿祭り(3/25)19名
懇親旅行(青巒荘12/4)
幹事長吉原三郎逝去
 
昭和42年 1967 第8回 吉池(5/21)99名\1,200 升本(1/22)28名\1,300 椿祭り(青巒荘3/5)28名
片貝中20周年(小林啓司幹事長)
 
昭和43年 1968 第9回 吉池(6/9)161名\1,200 
みこじさ初出演
升本(1/14)30名 仲使山休憩所「松風亭」寄贈  
昭和44年 1969 第10回 須賀神社(6/8)101名\1,000 吉池(1/26)50名 石上直治逝去63歳  
昭和45年 1970 第11回 須賀神社(10/4)113名\1,000 吉池(1/19) 椿祭り(青巒荘3/27)
会費\200→\300
 
昭和46年 1971 第12回 須賀神社(6/13)116名 
みこじさ出演
吉池(1/17) 椿祭り(青巒荘3/18)
役員改選
 
昭和47年 1972 第13回 須賀神社(6/11)\1,500 
浅田荘太郎先生講演
吉池(1/30) 教育感謝祭(第1回)8/14  
昭和48年 1973 第14回 須賀神社(6/10)93名\1,300 吉池(1/28)62名 片貝小創立100周年10/10(安達会長)  
昭和49年 1974 第15回 須賀神社(6/8)101名\1,000 武見太郎先生講演   安達会長辞任  
昭和50年 1975 第16回 増上寺(6/22)213名\2,000  
南極探検スライド(佐藤和秀氏)
丸山家(1/18)有志13名 佐藤量八、会長就任
教育感謝祭(佐藤会長)
会費→\500
 
昭和51年 1976 第17回 文京区民センター(6/6)225名\2,500 増上寺(1/25)104名 教育感謝祭(三重掘副会長)
年次別名簿発行
片貝中創立30周年式典(佐藤会長)
第1回ヤングの会
「赤坂小学校」
昭和52年 1977 第18回 文京区民センター(6/5)203名\2,500 増上寺(1/30) 教育感謝祭(相崎善副会長)
役員改選、会費→\700
第2回ヤングの会
「赤坂小学校」
昭和53年 1978 第19回 増上寺(7/7)135名\3,000 増上寺(1/29)119名 浅原神社改修祝賀会(佐藤会長) 年次代表会(10/29)高齢福祉会館11名
昭和54年 1979 第20回 平和島温泉(6/3)203名\3,000
二十周年記念式典
日本女子会館(1/15)103名\3,000 会旗・太鼓新調。
片貝町へ桜の苗木、小中学校へ図書、ふるさと会館へ布団寄贈
東京小千谷会に佐藤会長出席
新潟県人会納涼の夕(4名)
秋祭り相撲大会に協賛
20周年記念事業寄付113万余円(12月決算)
第3回ヤングの会
「万葉会館」22名
昭和55年 1980 第21回 平和島温泉(6/15)121名\3,500 増上寺(1/27)83名\3,000 役員改選、会費→\800
青巒荘(4/20)32名
東京小千谷会(佐藤会長)
新潟県人会(佐藤会長、黒崎勝)
 
昭和56年 1981 第22回 平和島温泉(6/7)87名\4,000 アサヒビールホール(1/25)92名\3,000 青巒荘(4/12)30名
青年部打ち合せ(藤塚悟氏宅)
新潟県人会納涼の夕(4名)
ふるさと学校(8/16〜19)児童11名
青年部副部長浅田好司逝去
 
昭和57年 1982 第23回 アサヒビールホール(6/20)87名\3,000 増上寺(1/31)85名\3,000 ふるさとを語る座談会(2/8)新潟日報主催
青巒荘(4/11)33名
片貝小運動会(相崎副会長)
ふるさと学校(8/17〜20)児童8名
母校を励ます会
第1回講演会(11/8)安達生恒氏
昭和58年 1983 第24回 新潟県人会館(5/29)89名\3,500 増上寺(1/30)108名\3,000 新潟テレビ取材 新潟県人会納涼の夕(4名)
片貝小創立110周年(20万円寄付)
青巒荘(4/17)24名
第2回講演会(11/22)永井正雄氏
昭和59年 1984 第25回 新潟県人会館(5/27)102名\4,000 須賀神社(1/29)76名\3,200 武見太郎先生葬儀12/19逝去
青巒荘(4/15)19名
勝又功4代会長就任
第3回講演会(11/17)佐藤祐一氏
昭和60年 1985 第26回 新潟県人会館(5/26)92名\4,000 新潟県人会館(1/27)91名\4,000 青巒荘(4/14)22名
新潟県人会納涼の夕(4名)
高野三郎氏逝去93歳、安達竜作氏逝去80歳
会費→\1,000
第4回講演会(11/1)小野勇氏
昭和61年 1986 第27回 新潟県人会館(5/25)75名\4,400 新潟県人会館(1/25)75名\4,000 青巒荘(4/13)21名
教育感謝祭(勝又会長)
第5回講演会(10/13)川上昭吾氏
昭和62年 1987 第28回 新潟県人会館(5/24)62名\5,000 新潟県人会館(1/25)68名\4,000 広井三代次氏逝去78歳
青巒荘(4/12)29名
片貝中40周年(10万円寄付)
第6回講演会(10/28)大矢三郎氏
昭和63年 1988 第29回 新潟県人会館(5/29)67名\5,000 新潟県人会館(1/31)74名\5,000 新名簿発行
青巒荘(4/10)17名
丸山貴司氏逝去86歳
第7回講演会(10/3)小野塚国春氏
平成元年 1989 第30回 八芳園(7/9)139名\8,000 新潟県人会館(1/22)56名\5,000 青巒荘(4/9)18名
30周年記念「東京片貝会のあゆみ」発刊
 

TOPに戻る

資料室に戻る

年史31-へ